WordPressのPHPバージョンアップ方法を解説【 Xserver】

WordPressのPHPバージョンアップ方法を解説【 Xserver】 ブログ
スポンサーリンク

WordPress5.2以降では、ダッシュボード内に「サイトヘルスステータス」という項目があり
自身のサイトの健康状態を診断できるようになっています。

ある日、サイトヘルスチェックのなかで

サイトがPHPの古いバージョン(x.x.xx)を実行しており、更新をおすすめします

という注意文が表示されました。

今回は、WordPressでのPHPのバージョンアップ(更新)方法を解説していきます!

WordPressでのPHP更新はなぜ必要か?

WordPress はプログラミング言語「PHP」で実装されています。

WordPress のPHP更新をしたほうがいい理由。それは

  • Web サイトがより速くなる
    • 最新のバージョンにアップグレードすると、パフォーマンスが最大で3倍〜4倍向上
  • Web サイトがより安全になる
    • 最新のバージョンには最新のセキュリティ機能が実装されている

 

より速く・より安全にというのは
サイトを運営していくうえで非常に重要な要素です。
Googleなどの検索エンジンの評価でも重要視されており、
結果的に集客や収益の面にも貢献していきます。

PHPの最新バージョンにアップグレードすることは、あなたのサイトにとっても有益なことです!

WordPressでのPHP更新方法(xserverの場合)

PHP のバージョン設定は、WordPress内で行うのではなく
レンタルサーバー会社のサーバー側の設定を変更する必要があります。

わたしが利用しているのは、Xserver(エックスサーバー)なので
今回はXserverの方の更新方法について説明していきます。

①Xserverのサーバーパネルにアクセス

まずはXserverの「サーバーパネル」にアクセスをしましょう。
サーバーパネルにアクセスすると、『PHP』という項目内に
『PHP ver.切替』という選択肢があります。こちらをクリックしましょう。

xserverのPHP更新

②ドメイン選択画面から、更新したいドメインを選択

ドメイン選択画面に切り替わるので、PHPのバージョンアップしたい
ドメインを選択しましょう。

今回は本ブログのドメインを更新していきたいと思います。

xserverのPHP更新方法

③PHPのバージョンを選択

先ほど設定したドメインに対して

  • 現在のバージョン
  • 変更後のバージョン

が表示されます。「変更後のバージョン」のほうから、現状のバージョンよりも
新しいバージョンをプルダウンから選択しましょう。

選択できたら、変更ボタンを押せば完了です!

xserverのPHP更新‗プルダウンから選択

設定したバージョンが表示されれば完了! 簡単ですね♪

XserverでPHPのバージョンアップ完了

サイトヘルスチェックの前後

PHPバージョンアップ前は、サイトヘルスの上部に
更新をおすすめする注意文が表示されますが
PHPバージョンアップ後は、下部に移動し
設定したバージョンが表示されるようになります。

PHPバージョンアップ前

サイトヘルスチェックでPHPバージョンアップ前

PHPバージョンアップ後

wordpressでサイトヘルスチェック

まとめ

いかがだったでしょうか?
WordPressでのPHPのバージョンアップ(更新)方法について解説しました。
  • WordPressのPHP更新は、サーバーから行う
  • PHPの切り替え設定があるので、そちらから最新のバージョンに変更する

今回はXserver(エックスサーバー)で説明しましたが
基本的な流れは、どのサーバーでも一緒です!!

PHPを最新にバージョンアップさせて、快適・安全なブログ生活をおくりましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました