【レビュー】FF7リメイクに失望すると思っていたのに満足してしまった話

ゲームのススメ
スポンサーリンク

2020年4月10日(金)に、
ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7R、FF7リメイク)が発売されました。

ミッドガル脱出までの分作になる…というのは前情報にきいていたので
また完全版商法か!と批判がましく見ており
正直、最初は買う予定がありませんでした。

んが、しかし! 家こもりの時間が圧倒的に増えたことで
半ば期待度MINで手に入れてみることに。。。
結果的に失望すると思っていたのに、次回作を超期待するほどに生まれ変わり
さらにはオリジナルにまで手を出すくらい
この1カ月どっぷり状態となりました。

本日は、そんなFF7リメイクについての
レビューだったり感想だったりをお話していきます。
※本記事はネタバレ要素を含んでいます。

ファイナルファンタジーVII リメイクの作品紹介

ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7R、FF7リメイク)は
スクエア・エニックス社から発売されたRPGゲームです。

 

1997年に発売された、世界累計で1,100万本以上の販売本数を記録した
ファイナルファンタジーVIIの完全リメイク作品となります。

本作は、オリジナル(原作)のストーリーの中の「ミッドガル脱出」までに
オリジナル要素を加えた作品となっています。
※今後複数作品でリメイクされる、第一弾となります。

 

FF7リメイクのここがよかった

グラフィックがとにかくキレイ

昨今のファイナルファンタジーシリーズは全てそうですが
やはりグラフィックの美しさは群を抜いていました。

キャラクター同士の会話シーンが自然に挿入され
移動時とイベント時の区切りはほとんどないです。

神羅タワーからの夕景など、印象に残る情景が多く
「映画をみているようだ」という表現がピッタリです。すごい時代だ。。

キャラクターが非常にたっている

登場人物が魅力的なのはもちろんですが
オリジナル版ではあまりスポットの当たっていなかったキャラクターも
細かく人物描写がされています。
最たる人物は、ビッグスウェッジ・ジェシーでしょう。

少しずつ信頼関係が気づかれていく過程が描かれてるので
彼らに対する思い入れがかなり変わりました

ジェシー登場時から少し感じていましたが、オンナノコキャラとの絡みは
「まるでギャルゲー?!」で、少し戸惑いを覚えました。
なんだか遠い昔に置き忘れてきた、青い春的な。。ああ。。
かわいいので許すしかない‥の‥か。
あざとい女子たちを存分に堪能。 それがFF7リメイクです。

オリジナルのストーリーを踏襲しつつよい加減で補完

オリジナル版をやってみて思ったのですが
意外とつなぎのストーリーとかがあっさりしているんですよね。

リメイク版については、この辺がうまく補完されて自然に盛り上げていたなーという印象。

あと、リメイク版特有のストーリーもあるのですが
オリジナルの流れを止めずに、うまく入っていました。
(ただし、絶対に必要かというと微妙なのでカサマシ感は感じる)

クラウドが王子か!というくらいのイケメンに

個人的にグッときてしまったので最後に言いたい。

これを言いたいがために、この記事を書いている気もするくらい
クラウドとティファが事あるごとにイチャつきます。

 

  • 列車から飛び降りるときに、クラウドがティファを抱きしめて飛び降り
  • 七番支柱プレートでティファが追いかけてきたとき
    引っ張り上げる際にそっと肩寄せ抱き
  • 七番支柱プレートでティファがダッシュで合流したとき
    抱きしめながらのブレーキ
  • エアリスの家付近の花畑ハグ
  • 神羅ビルでティファが落ちかけたときの、
    バンジージャンプからのがっつりホールド抱き
  • とにかくティファを守る守る守る
  • とにかくことあるごとにティファの名前を呼ぶ。ティファティファティ…

 

エアリスとの絡みに比べると、俄然多い。さりげないボディタッチが多い。
どこぞの少女漫画の王子様のように、グッと引き寄せて抱き寄せる。

 

まったくもってけしからん! が、そこがまたいい。

 

先入観で、クラウドはエアリスが好きになるストーリーだと思い込んでいたんですが
エアリスじゃなく完全にティファでした。最初からティファでした。
オリジナル版もやってみましたが、やっぱりティファでした。

とっとと付き合ってしまえ!と言いたくなること請け合いです。

FF7リメイクのここがイマイチだった

単調気味の戦闘

今回戦闘システムは、

  • 通常のアクションを楽しめるモード
  • オリジナルFF7のように、コマンド入力ができる「クラシックモード」

の2種類から選べます。
(アクション系が苦手な人にはクラシックモードがあるのは朗報。)

わたしはアクションモードでやったのですが、割と単調だなと感じました。
ボス戦になると、途中で敵方の行動が変わってくるのはありつつも
基本固くて時間だけがやたらかかるので、途中で飽きてくるんですよね。

ここは好き嫌いがあると思うのですが、わたしはかったるいと思いました。

作り込んでいるが長いダンジョン

チャプター5~11らへんは、特に一つ一つが長いなぁ。。。と感じました。

オリジナル版を後でやってさらに思ったのですが
オリジナル版ではかなりあっさりダンジョンが終わることからも
ダンジョン自体が長くなるのはストーリーにとっては、
全く必要な要素じゃないんですよね。

なのにやたらと時間がかかるので、これは少し苦痛に感じました。

おつかいイベントが多い

今回、FF7リメイクはおつかいイベントもすべてこなしたので
40時間くらいのプレイ時間だったと思います。

ただし、この40時間のなかで
半分くらいはおつかいイベントだったんじゃ!?と思うほど
おつかいイベントが多い印象です。

サブキャラクター達と関わるものも多いので、ついやってしまうのですが
おつかいをやらなかったら‥と思うと、
メインイベントのボリューム不足はあるなぁと感じました。

FF7のオリジナル(原作)を思わず購入しての感想

FF7リメイクのその後はどうなるんだっけー…と思っていたところ
Switch版がお安く購入できたので、渡りに船とばかりに速攻ポチしました。

 

FF7のオリジナルは、幼いころにやっていた‥と思い込んでいたのですが
実際に改めてやってみると、驚くほど覚えていませんでしたw

エアリスの死亡シーンなどは、衝撃的だったためイメージに残っていたのですが
それ以外のストーリーは完全に忘れた状態だったので
ほぼ初見でプレイすることができました。

グラフィックの進化に驚く

冒頭のミッドガルのシーンは、当時はその美しさで
圧倒されていたと思ったのですが、さすが20年前だと粗がありましたw

登場人物のポリゴン感はなかなかですね(これはこれで味があってよいですが。笑)
クラウドの腕が、ダンベルみたいなのもご愛敬。

このレトロな感じも癖になりますが
改めてミッドガルを比較したときに、やはりそのグラフィックの進化
目を見張るものがあるな、と思いました。

一つ一つのイベントが意外とあっさりしていた

FF7リメイクだと、時間をかけて攻略するダンジョンが
2面で終了‥みたいなのがかなりありました(1分で通り過ぎる…)

また、キャラクター同士の掛け合いも
「え?これで終わり?」みたいなシーンも。。

サクサク進むメリットを感じつつも
次のステージにあっさり移動していくので
その情景への思い入れや、ストーリーの深堀という点では浅く
FF7リメイクはそれらをうまく補完して作り込んでいたんだなと感じました。

これがリメイクされたら‥という期待度があがる

最後はこれ!!
FF7のオリジナルを改めてやってみるとストーリーがちゃんと面白い。
それがわかると同時に

「このシーンがリメイクされたらどうなるんだろう…」

という期待感がかなり高まりました。

 

FF7の第二弾以降になるストーリーでは
オリジナル版でも人物描写などにフォーカスする展開があり
各キャラクター毎のドラマチックなストーリーがいくつも存在します。

そのストーリーが、リメイク版で映画のような仕上がりになる…!
そう想像するだけで、めっちゃワクワクしたんですよね。
想像するだけで、リメイクの第二弾以降が待ち遠しくなるほど。
  • バレットと親友の一騎打ち
  • レッドXIIIとセトの再会
  • ゴールドソーサーのデートイベント
  • 忘れらるる都のエアリス

名場面は他にもたくさんありますので、本当にどんなシーンに進化するか楽しみです!

 

あとは、今回のリメイクで感じたストーリーの補完部分。
オリジナルではあっさり終わっていた描写などが
今回のように、深堀されると思うのでストーリー・キャラへの愛着が深まって
さらに面白くなりそうです!

ネタバレを気にしない人は、オリジナル(原作)をプレイしてみるのは
リメイクへの期待度が高まるので、非常におススメです!!

FF7リメイクの第二弾以降について、勝手に予想

FF7リメイクは3部作が妥当

FF7リメイクは分作になることはすでに周知の事実ですが
実際に何部作になるのか?までは発表されていません。

ただ、FF7のオリジナル版を改めてやってみて
ストーリー的な区切りを考えると、3部作が妥当と感じました。

具体的には

  • 1部:ミッドガル脱出まで ※本作
  • 2部:エアリスが死ぬまで(泉に弔うところまで)
  • 3部:ラストのセフィロスを倒すまで

 

2部では登場人物たちのバックボーンを深堀していく作品。
3部でクラウドの謎を解き明かしていく作品。

本作のミッドガル脱出までの人物への深堀+ダンジョンの長さを単純に考えると
これ以上長くなる可能性は大いにあるのですが
ストーリーの流れを考えると、どうしても区切りのよいタイミングはここかなと。

ただ、フィーラーの存在があるので
ここがどうストーリー展開に絡むかが予測できず
これ以上増えたら本当にどうしよう…
4部、5部にでもなったら、10年以上の足掛かりに。まるでキングダムハーツ!!

発売タイミングは3年おきくらいか

FF7のリメイクが最初に発表されたのは、2015年6月15日の
PlayStation E3 EXPERIENCE 2015 Press Conferenceでした。

この発表から、約5年の歳月がたってようやく発売された形です。

2部の開発については、1部の開発環境などがかなり活用できると思うので
おそらく立ち上げ時期よりは早く、5年の期間はかからないと思われます。

妥当な線としては、3年~4年程度でしょう。
2023年前後に第2部の発売になると予想しています!
(期待がよい意味で裏切られたいところです! がんばってスクエニさん)

エアリスの生存ストーリーは実現するか?

オリジナルのころから、エアリス生存説は
熱望されているIFストーリーだと思いますが
リメイクではどうなるでしょうか?

個人的には、エアリスは変わらず死亡ルートを辿ると思っています!

 

エアリスの死は、ホーリー発動に至るまでのFF7の最大の必須要素。

生存ルートでは、FF7のストーリーが成り立たないでしょう。

ただし、オリジナル版ではエアリスの死はかなりあっさりと終わっていましたが
リメイク版では、クラウドがエアリスの死から立ち直るまでの描写は
細かく描かれていくと思いますし
死してなおクラウドを励ます役として、エアリスの登場回数は多くなると期待!

まとめ

色々書いてきましたが、FF7リメイク。
わたしは十分におススメできる作品だと思いました!

分作に対する前評判(悪いイメージ)を、いい意味で払拭してくれて
次回作に大いに期待できるものを作ってきてくれたと思っています!!
迷っている人がいたら、「買い」!

本当に早く、あのシーンやこのシーンをリメイク版でプレイしたいです。

次回作はまだまだ先になりそうですが、
たまにはクラウドとティファのいちゃいちゃを見に戻ってこようと思います!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました