鬼滅の刃のアニメは単行本のどこまで? アニメの19話は神回なので絶対見て!

鬼滅の刃
スポンサーリンク

アニメ化で一気に人気が火が付いた鬼滅の刃。
あらゆる企業ともコラボされ、今はその人気は留まるところをしりません。

今回は、

  • 鬼滅の刃のアニメは、原作マンガの何巻までがアニメ化されたのか?
  • 鬼滅の刃のアニメを見ていない人に、とにかくアニメの19話をおススメしたい!

について、まとめていきたいと思います。

⇒鬼滅の刃のアニメをこれから見る方向けに、動画サービス比較しました!

「鬼滅の刃」のアニメ(第1シーズン)は、単行本の7巻まで!

鬼滅の刃のアニメは、原作マンガの7巻までが対象となっています。
話数にすると、1巻の第1話~7巻の第53話までとなります。

7巻まで‥といっても、実際は7巻の1話分までなので
ほとんど「単行本6冊分」の内容がアニメ化された形となります。

7巻以降は、映画化されることが決まっている

7巻からは「無限列車編」が始まるのですが、
こちらは2020年10月16日に、映画化されることがすでに発表されています。

無限列車編は、原作マンガ7巻の第54話~8巻の69話まで

鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流した主人公達が
《無限列車》の中で、鬼と立ち向かう姿を描きます。

柱の煉獄さんが、とにかく強くて懐の深いキャラクターで
感涙必死の展開になるのは、間違いなしです!

「鬼滅の刃」のアニメを見ていない人に伝えたい

まだ鬼滅の刃のアニメを見ていない人へ伝えたい。それは

とにかく、アニメの19話までみて(お願い!)

 

わたし自身、鬼滅の刃のアニメをはじめてみた時
最初からドはまりしたわけではありませんでした。
最初はとてもニュートラルに、話をみていた印象があります。

その印象がまったく変わり、鬼滅の刃のすごさを見せつけられたのが
神回として有名な、アニメの19話「ヒノカミ」でした。

 

わたしは普段から、Amazon・プライムを垂れ流ししながら
ちらちらと見る(大まかにストーリーを追う)スタイルだったのですが
19話は、途中からすべての作業がとまり
ただただ目の前のアニメを凝視するだけになるほど、目を奪われました。

見た後に、

「19話以前は、すべてこの話につなげるための壮大なプロローグだったんじゃ…」

と本気で思うほど、ラストに向かって怒涛の感動の荒波が何度も来る
本当に素晴らしい回でした。

 

アニメを見て泣いたことは久しくなかったのに
この回は気付いたら泣いていた
‥というほど、
ストーリー・演出・作画・音楽共に超一級品だったと感じています。

「鬼滅の刃」19話に心も涙も奪われた理由を全集中して吐き出す

味方にも鬼にも家族が。その中の主人公家族がフォーカスされている

鬼滅の刃は、鬼に突然家族を殺されたあげく
鬼になってしまった妹を救うために奔走する物語です(ざっくり)

上記の大枠からもあるように、
メインテーマとなっているのは「家族の絆」だと思われ
主人公やその味方だけでなく、敵方の鬼ですら
どんな家族と育ち、なぜ鬼になったのかが描かれることが多い。
悪役がただの悪役で終わらせない。
どんなキャラクターにも苦しみがあるところが、鬼滅の刃の良いところ。

 

そんな中、19話については主人公の家族がフォーカスされています。
すでに亡くなってしまった父親、鬼に殺された母親・兄弟、今守るべき存在の妹。

物語の本筋上、読者(視聴者)が一番思い入れ強く見守っている主人公の
その家族たちが主人公の危機に対して、様々な形で現れ
主人公を救っていくのです。

 

『家族愛』というのは、元々一番琴線に触れやすいテーマですが
主人公の家族は、その中でも

「純粋でキレイ」

なものをギュッと詰めたような、家族だと思っています。
そんな家族の、悲しくも美して尊すぎる愛を見させられたら…(´;ω;`)

家族を大事に思う人ほど、グッとくる展開です。

演出・作画がすごい

鬼滅の刃は、技を出す際に特殊なエフェクト(代表的な水の呼吸など)が
描かれていますが、アニメ化されたことでこの演出がいかされ
とても美しい画像になっているな、と感じます。

18話以前もこれは感じていたのですが
19話ではより一層の迫力があるというか。。。

19話では見どころがたくさんあるのですが

  • 父親の神楽の舞
  • 主人公:炭治郎の技が変化する瞬間
  • 妹:禰豆子の覚醒シーン

あたりの演出は、見ていて震えるものがありました。
ああ、お父さんの神楽が本当に伝統芸能を見ているようで・・・
見てほしい。。

いいストーリーにはいい音楽がついてくる

印象に残るシーンのそばには常によい音楽がセットでありますよね。
音楽は心を動かし、感情を増幅させる力がある大事なパーツ。

鬼滅の刃の19話では、まさにこの法則どおり
後半~エンディングにかけて、一つの歌がずっと流れており
物語を劇的に演出するとともに、見ている人の感情を強烈に刺激してきます。

「竈門炭治郎の歌」

主人公である炭治郎が背負った、深い深い悲しみ
だけどそれを乗り越えて前を向いていかなければいけないという決意
を現したような歌。

この切ない歌にのせて、紡がれていくストーリー。
からのー、特殊エンディングの流れが本当に神!!!なのです!

このシーン。何度みても本当に泣いてしまいます。
ああああああああ、ホントに見てええええええええええ

まとめ

今回のまとめは、アニメみていない人。

とにかく、アニメの19話までみて(お願い!)

 

元々鬼滅の刃は、姪っ子に「今流行っているものはなにか?」を聞きつけ
Amazonプライム・ビデオの中に、件のアニメが入っていることを見つけ
最初はなんとなく見始めたのがきっかけです。

そんなわたしが、結果的にアニメの続きを見るために単行本にまで手をだし、
どうしても19話のすばらしさを書きたくて1記事書こうと思い立つ位
とてもよい話なんですよ。

今はいろんなサイトで、鬼滅の刃のアニメ見逃し配信をやっているので
是非!この機会に見て、一緒に映画版を楽しみに待ちましょう!!

 

 

ちなみに、原作はもちろん最新刊まで全巻買いました。
鬼滅の刃はテンポがとても速いので、飽きることがなく
19巻の段階で、最終決戦近くまで話が進んでいます!

主人公達だけではなく、鬼殺隊最強の剣士《柱》のストーリーもそれぞれ熱いので
単行本も超絶おススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました