【3月のライオン 15巻】名言や見どころをネタバレ&感想|羽海野チカ

3月のライオン
スポンサーリンク

引用元:https://www.amazon.co.jp/

羽海野チカ先生の最新作「3月のライオン」15巻
2018年12月26日に白泉社ヤングアニマルコミックスから発売されました!

 

 

本著では、154話~166話まで収録。
スペシャルエピソードとしてあかりおねいさんの銀座での一コマを描いた
「あかりの銀座物語」が同時収録されています。

15巻は羽海野チカ先生の描き下しイラストダイアリー付きの
特装版と通常版の同時発売です。

15巻の見どころはこちら!

  • 高校最後の学園祭で、零がひなに告白
  • 天才に異常な嫉妬をする「元天才棋士」や
    年齢を重ねて成長をする「ベテラン棋士」との対局を通じて感じる苦悩
  • 告白後の零とひなの様子&林田先生とあかりの様子

※ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方は要注意です!

「3月のライオン」15巻のネタバレ

零、高校最後の文化祭

前回、職団戦を抜け出しギリギリ文化祭に間に合った零。
ひなが零のために隠しおいていた冷やし白玉とあべ川もちを堪能しながら
クラスの出し物「妖怪カフェ」で猫耳の女給姿のひなが
楽しそうに色々とおしゃべりする姿を嬉しそうに聞いています。

途中、零のクラスにも立ち寄り
自分がいない間に、クラスメイトががんばっていたのを確認する零。
2人は後夜祭のファイヤーパーティーに向かいます。

零がひなに告白

ファイヤーパーティーの会場で、零のクラスメイトに会う2人。
零のうしろで腕を組んで隠れるひなの姿を発見し

「こんなかわいい彼女がいたなんて!!」

とのセリフに、ひなは否定しますが
零が「ちがわないよ」とさらにそれを否定。そしてついに告白!

 

「ちがわないよ」

「というか 違わなくなりたい」

「ひなちゃん 君が好きだよ」

3月のライオン15巻より引用

ひなの誤解

実父との騒動の際、ひなとの結婚を考えていると公言したことで
気持ちが伝わっていると思っていた零に対し
お芝居だとずっと信じていたひな。

 

「一度も『好き』とかも 言われたこと無かったしっっ」

3月のライオン15巻より引用

 

心で思っていたから伝わっている気になっていた零だが
口に出していなかったことに、ようやく気付いた零。

改めて告白をしようとするも、
周囲が聞き耳をしているただならぬ雰囲気に気付いた2人。
場所を移動し、校舎にあがる階段でキャンプファイヤーを眺めながら
最後の学園祭を2人きりで語り合いながら過ごすのでした。

天才に憧れ年下に嫉妬する「元天才棋士」

零の対局相手、野火止あづさ。21歳。通称あづにゃん。
高校生棋士として注目を浴びていたものの
零や二階堂の出現により「終了」のレッテルを貼られた
自称元天才棋士。

二階堂に以前負けたことで絶望の淵をさまよっていた野火止だが
現実を受け止め乗り越えようと努力します。

本物の天才と信じている、宗谷と向き合うため。
獅子王戦にすべてを賭けて挑んだ野火止は
研究に研究を重ねた角換わりで、零との勝負に挑む。

あずさ1号、あづさ2号

零のことを研究し尽くしてきた野火止は
その研究成果を発動すべく、脳内で「あづさ1号!! 発進!」と叫び
零に挑みかかります。

想定できるあらゆる手で零と勝負しますが、
零が思いもよらない手を打ってきたことで、
研究がすべて徒労におちいる結果に。

努力や成果を強要されるのが、否定的な世の中に対して

 

「だけど俺はっ 棋士なんだよ!!」

3月のライオン15巻より引用

 

努力が好きではなくても盤上でしか生き死にできない。
そのための道はひとつ。自分の棋力を信じ「あづさ2号」を発進させます。

まっ暗な部屋

野火止との勝負の途中、零はまっ暗な部屋のイメージにたどり着きます。

研究をしたことがない、自分の判断だけで進まなければいけない
未知の領域。

零は最近、この部屋に辿り着くのが早くなってきたと感じます。
それを

  • 強い相手に当たる機会が増えてきたから
  • 零に対する研究を皆が深めてきたから
  • 零自身の弱さ

と分析をします。
勝利をおさめた対局の後も、零はまっ暗な部屋のただなかから抜け出せません。

そんなとき、ひなから「晩ごはんたべに来る? 今夜はコーンシチューだよ」
のメッセージが。

途端に、零はまっ暗な部屋から抜け出すことができたのです。

成長を遂げるベテラン棋士

獅子王戦4組の決勝相手は、田中太一郎七段。
前回の野火止の師匠であり、落ち着いた手堅い棋風から
「千駄ヶ谷の巨大重機」の異名をもつ、物語にも度々登場するベテラン棋士。

病気がちだった子供2人を抱えていた田中は、子供の手が離れてきたことで
一から体力づくりから取り組みはじめ
54歳にして、その棋風を変えることに成功していた。

対局の途中、零はまたもや真っ暗な闇を感じ、無我夢中で走りつづけます。

天国の食べ物とまっくらな闇

真夜中、ボロボロになってようやく田中七段に勝った零ですが
その勝ちに恐ろしさを感じ、まっすぐに帰れず
以前もこんな状態になったことを思い出します。
一人暮らしを始めたときに、ひどい風邪をひいた時のことを。。

ふと、ひな達とあたたかいシチューを食べた光景から
本当の家族とも同じような会話をしたことを思い出します。

 

「生きることも そして 死ぬことさえも むずかしくて

 もうこれしか無い と 必死で掴んだのが 将棋だった」

3月のライオン15巻より引用

 

かつて両親と妹が亡くなった時、居場所が欲しくて幸田についた嘘。

居場所が欲しくてついた嘘が、まっくろな闇となって
零を静かに追い立てるのです。

おにぎり

林田先生に自分が図太くなってきたと告白をする零。

以前だったら、悩み始めたら数日は落ち込み体調も崩すのに
今朝は起きたらおにぎりを食べていたと。ひなと2人で作ったおにぎりを。

林田先生は、零が言う「まっ暗部屋」を
アウトプットばかりでインプットが追い付かず、バランスを取り戻せない状態
と的確に指摘します。

零が恐れているのは、必死になれなくなること。
ひなと作る、幸せのおにぎりを食べてしまったら必死だったころに戻れなくなること。
そんな零に林田先生は忠告をします。

 

「そのおにぎりは 絶対に手放すな

「その おにぎりだけは 何があっても お前が手放しちゃいけないもんだ!!」

3月のライオン15巻より引用

若き日の父の姿

順位戦で敗北をした日、田中に呼び止められる零。
田中は、かつて零の実父と奨励会で一緒だった話を始める。

零が知らなかった若き日の父の姿。
養父の幸田が、父を尊敬しとても仲が良かったという話。

本当によくがんばったな、と背中にふれる田中の手に
父も同じように、幼い零を励ました時の懐かしい記憶が呼び出される。

ひとり、思いにふける零の元に電話が。
林田先生が、あかり一家をもんじゃ焼き屋に誘っていた。

みんなの姿をみていた零は

自分が失くしたもの・手に入れたもの・これから失くすもの・失くしたくないもの

をかみしめるのだった。

「3月のライオン」15巻の感想と見どころポイント!

3月のライオン15巻を読んでの感想、
ならびに15巻で絶対に見てほしいポイントです!

ついに零が告白!!

あかりの方がふさわしいなど、零との関係に元々不安を覚えていたひな。
誤解もついにとけ、零がひなに告白をしました!

元々お互いを信じあっていたもの同士、ひかれるのは当然だと思っていましたが
20歳までにわかってもらえれば、、と零が悠長なことをいっていたので
このタイミングで、きちんと意思表示をできたのはよかった!

166話のラストで、さりげなく2人が手をつないで歩いている姿が!

2人の物語が確実に進んでいることを感じるシーンで
是非、絵で見てほしいです!

あづにゃん、田中さんのバックボーン

3月のライオンは、脇役たちにもきちんとフォーカスをあて
その人となりを丁寧に描写するところが、作品の大きな良さのひとつ!

今回は、テレパシー棋士として以前からでてくる田中さんと
田中さんの弟子、あづにゃんのバックボーンが紹介されました。

あづにゃんが抱える悩み、
若手の台頭で苦悩する姿は、どこの世界でもあり得る姿。
自分を持ち上げていた人が、あっという間にいなくなるのは
自分に価値がなくなったと思わせる強烈な体験でしょう。

脱線しながらも、真正面から向かい合おうとするあづにゃん。
きっとまた零の前に姿を現すのでしょう。

そして、田中さん!!!
田中さんは以前から作品に登場していましたが、
個人的に、そこまで記憶に残るキャラクターではありませんでした。

でも今回の回で大好きなキャラクターになりました!

病気がちな子供2人を抱え、奥さんと共働きで働いていたとは!
子どもが成長した段階で、自分自身の棋風も成長させてきた田中さん。

24時間しかない時間を、自分の時間にすることで
これまでの自分とは違うものを見つけることができたのでしょう。

田中さんのエピソードを読んでいる時、島田さんを思い出しました。

将棋にすべてをかける島田さんは、田中さんのような生き方は難しいのでしょうか。
きっとそれは、島田さん自身が許さないのでしょう。

でも!でも!! 島田さんにも幸せになってほしい(涙)

林田先生vs島田さんは、林田先生が一歩リード?!

15巻の一番の見どころ?!は、個人的に166話のラスト。

零とひなが手をつないで歩いている前で
林田先生がももを肩車して、その後ろをそっと支えるあかりの姿が!!

幸せな家族をほうふつとさせるその姿に
あかりを巡る林田先生vs島田さんの戦いは
一歩林田先生がリードしたのでは?!という気持ちになりました。

林田先生も島田さんも、どちらも大好きすぎるキャラクターなので
どちらも幸せになってほしい!!
あかりが最後にどちらを選ぶのか(選ばないのか?!)は今後も気になる点です!

特別収録「あかりの銀座物語」のあらすじと感想

本著に同時収録されている「あかりの銀座物語」は、
2018年7月に東京・松屋銀座にて開催された展覧会
「羽海野チカの世界展」の来場者特典冊子に収録されたエピソード。

三姉妹の長女、あかりおねいさんが
叔母の美咲さんが銀座に構えるバーで働く一コマを描いています。

あかりおねいさんが作る『特製ポテトサラダ』

常連よりポテトサラダをリクエストされたあかり。
大量のポテトサラダをこしらえています。

あかりのお手製ポテトサラダの作り方は、
アツアツのじゃがいもに、お酢・塩・コショウで下味をつけて
具は半熟玉子、玉ねぎ、キュウリ。そして隠し味の刻みらっきょう。

そして大量のマヨネーズ!!+隠し味の練乳!!!

禁断のホットサンドまでこしらえてしまい、
全員で食い倒れを満喫する夜なのでした。

「あかりの銀座物語」の感想

あかりおねいさんの作る料理は、どれも簡単なのにおいしそう!!

今回のポテトサラダも、明日にでも真似できそうな簡単さ。
早速作ってみようと思いました!(刻みらっきょうと練乳がポイントとは!)

食い倒れる姿は、あかりのお約束ですねw
ほっこりしながらしっかり完結した、とても良いストーリーでした!

「3月のライオン」はどこで読める?

文章で読むよりも、画と一緒に読むほうが断然面白さが違います!
特にラストの、幸せ家族な姿は是非みてほしいです!!

3月のライオンは、紙媒体はもちろん電子書籍でも取り扱っていますので
是非お好きな媒体で読んでみてください!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました